2011年3月22日火曜日

ここ最近の気持ち



日本に大きな災害が起きてから、はやくも10日という月日が経過しようとしています。


そろそろ私も自分の日常を振り返って、現実逃避せずに事実を受け入れながら
次の事を考えなくちゃいけない気がする今日この頃です。
 要はいつまでもショックをひきずらないで、この中で何ができるかを考えたいという
時期に入ってきたってことです。。。

 

あの地震の翌日、前々から予定してあったバンコクに行ってきました
 どうしても行かなくちゃいけない所を回って、ほんと 弾丸で帰ってきました
  
  普段ゆったりした島暮らしに慣れてしまったわたしにはバンコクのスバラシサにも感動しなおしたけれど、決して居心地の良い場所ではなかったし、
日本が大変なことになっているのに...っていう何とも言えない暗〜い気持ちを引きずったままのバンコク滞在になりました
 、、、よって、日本人 さすがにほとんど見かけなかったです。。
 
やはりみんな 家の中で引きこもって、日本の安否を心配していたんだろうと思う。。





”スタイリッシュなタイ人が詰めかける”らしいブッダマーケットにて。。



バンコクでの移動の仕方には実にコツが必要で、一方通行も渋滞も、暑さも、すべてがネックになる場所です。。かと言ってミスは許されないし、
今回はまあそういうことに関して言えば70点ぐらいだったかな。。。
 そして、もちろん買い物する時の目つきと動きも最新の注意を払わなければいけない。。
 観光するのとはまた違いますw


ホテルに帰るとそれはそれは疲れていて、
それでもネットとテレビで日本の事が知りたい..  〜よって、ほとんど眠れませんでしたw
 ついでにこの期間の間に”一つ歳をとる”といった年に一度の誕生日もはさんでしまい、
決しておめでたくはない 肉体的にも精神的にも怒濤な日々をすごしてました!
 
*facebookなんかには、
そこそこ楽しく充実してて 私は大丈夫、、、みたいなことを書き記したけどッ! ←こんなめんどくさい自分                                          が嫌になるッ!
   


あのとき何故か”私、前よりもうひとつ強くなった”って思ったもの、、、、、!


とは言え、世界では今この瞬間も災害や戦争で辛い思いをしている人たちがたくさんいて
私はこの時間さえも本当に心から感謝していて、、、いろんな想いがあるのですが。



これがイケてるかどうかの話は別にして、こういうのを大切に考えてる欧米人がいるってことが
 私達にとっては、何とも新鮮ではないですか!?










 




 

日本の人は世界から注目されていて、その精神や落ち着いた考え方を勉強したいと
考える欧米人は少なくないみたいです。
 
でも、それってみんな 昔の日本の有り方であって
 今は大きく変わってしまった、、、って思っていたけれど

今回の地震災害でよい知らせの方を見ると、まだ いい感じの日本人魂を持っている人が
いるのに気がついた...        って言うのもほんとです。

 そもそも日本人魂ってなんだ?! とも思うのですが、
 そんなこと意識した事もなかった

でも、時には意識したほうがいい気がします!

そういうのが必要ってことだとおもう。

それから、今回のことでまた一つタイが好きになりました。

タイ人は優しいと思う。

びっくりするのにはもう慣れてきたし、居心地がよくなったというか
ここで生きている実感がさらに湧いた。

人生に”安定”という言葉はあるが そんなものは無いと思う。


 首都圏では自粛原理主義者”って言葉がでてくるくらい
いろんなことを自粛しようみたいな風流が立ち上ってきてるみたいだけれど、
わたしもこれにはよーく考えて反対です。


ただし、1人ひとりが面倒くさがらず 自分の行動を自分で判断して
こんなところで”流行”なんてものを作り上げず、
自分で自分を大切にしてあげるのは大切なのではないか..と思います。




こちらのブログを読んで感じました ↓


 http://blog.livedoor.jp/kyah2004/archives/51235330.html


日本にいるときは銀座で働くのが長かったので
こんなの見たらなんか、リアルに我が祖国の現在の状況にギョッとします。。
 反面、節電をしている様子にほっとしたりもしますw




話が飛び回ってきたので 今日はここまでー。


 









バンコク滞在の間、2匹のキッズ達、預かってもらってました。

何気にリラックスしてる。。